出来ないようにするための面疔の3つのルール

面疔が出来ないようにするための3つのルールについて紹介します。
面疔は毛穴が脂質で詰まるのが原因で起こります。つまり毛穴が詰まらないようにケアすれば、面疔は予防できます。

まず、夏こそ化粧水や乳液をばっちり付けます。乾燥する冬に比べて油断しがちですが、夏は汗をかくので皮脂が分泌されやすくなります。化粧水などを着ければ、この皮脂が必要以上に分泌される流れを防いでくれます。
また、生理前は要注意。ホルモンのバランスで大人ニキビができやすくなります。チョコレートやナッツ類、揚げ物など油脂の多い食べ物は避けましょう。日々の洗顔もいつも以上に優しく丁寧に行います。それでも生理前どうしても面疔ができてしまったら、潰したり、指で押したりしないでそっとしておきましょう。できれば、お化粧も控えめにすると良いでしょう。肌に負担を掛けないことを心がけてください。
最後に、一番大切なのはストレスを溜めないこと。ストレスが肌の一番の大敵です。睡眠をよくとって、朝ごはんは必ず食べるようにしてください。
以上のルールを守ることで、面疔ができるのを減らしたり、予防できるようになるでしょう。